観光スポット | 岩手県野田村

マリンローズパーク野田玉川地下博物館

100年の歴史を誇る野田玉川鉱山をを展示・体験できる観光坑道

日本有数のマンガン鉱床「野田玉川鉱山」の一部を展示・体験できる観光坑道として公開している『マリンローズパーク野田玉川』。
鉱山の歴史と当時の採石の様子を伝えるトンネルはごつごつしていて夏でもひんやり。長く延びた坑道を歩いていると、探検気分が盛り上がります。採掘作業の様子を機械や人形で再現しているほか、世界各国のさまざまな宝石の原石、鉱物、化石の展示コーナーもあります。

この野田玉川鉱山から産出されるバラ輝石(学名:ロードナイト)を加工し、宝飾品「マリンローズ」として販売。マリンローズとは海の見える鉱山で採掘されたバラ色の石という地元の愛称です。野田村だけのプレミアムアイテムとして、お土産や旅の記念におすすめです。
オリジナルマリンローズジュエリー作り体験もございますので、お問合せください。

撮影POINT
マリンローズパークのアイドル マンガンボーイズがお出迎え

かつて日本有数のマンガン鉱床だった野田玉川鉱山を観光坑道として公開。
地下420mからやってきたマネキン地下アイドル「MANGAN BOYz(マンガンボーイズ)」が出迎えます。
マンガンボーイズは、お客様のお出迎えやメディア対応、採掘していた当時の様子の再現など、博物館スタッフとしてそれぞれ活躍しています。また、野田村をPRするため県内外のイベントに参加したり「野田村MANGAN BOYz」というYouTubeチャンネルやTwitterを活用して広報活動もしています。2020年には選抜総選挙を行い、ご来館された方に投票していただいて選抜メンバーが決定しました。
来館された際はぜひ彼らにも注目してみてくださいね。

基本情報
住所
岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-13
料金
・個人:大人700円、中高生500円、小学生400円
・団体(20名様以上):大人600円、中高生450円、小学生350円
営業時間
4月〜10月 9:30〜17:00(最終入館16:00)
11月〜3月 9:30〜16:00(最終入館15:00)
休業日
火曜日、年末年始
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸沿岸道路「野田村IC」より車で約10分
WEBサイト
マリンローズパーク野田玉川地下博物館

[お問い合わせ]

マリンローズパーク野田玉川地下博物館

電話:0194-66-7200

観光スポット | 岩手県野田村

涼海の丘ワイナリー

(すずみのおか)

太平洋を一望する野田村の丘の上に建てられたワイナリー

岩手県は山ぶどうの栽培面積が日本一で、その約4割が野田村にあります。野田村の特産品である山ぶどうはポリフェノールや鉄分、ビタミンが豊富で、自生する山ぶどうのしぼり汁を愛飲する習わしがありました。東日本大震災の津波で大きな被害を受けましたが、全国各地の団体やサポーターの支援により復興に向けてワイナリー事業を立ち上げ、準備から設立まですべて民間の力で行いました。

野田村の特産品である山ぶどうを大切に醸造したワインと地元のおいしい山の幸・海の幸とともに楽しんでほしいと、復興への願いを込めて2016年に野田村で初のワイナリー「涼海の丘ワイナリー」が完成しました。

太平洋を一望できる涼しい風が吹く丘の上に建つワイナリーでは、ワインの販売や工場見学(事前予約制)を行っているほか、隣接するテイスティングルームでは、オリジナルワインや山ぶどうジュース、のだ塩アイスなどが味わえます(※テイスティングルームの営業については事前に確認してお出かけください)。

撮影POINT
山ぶどう本来の豊かな風味を生かしたオリジナルワインを飲み比べる

野田村の山ぶどうは地元農家により丹精込めて育てられ、特に沿岸部では初夏に太平洋から吹いてくる涼しい風「やませ」により、じっくりと熟成され甘くて程よい酸味の良質な山ぶどうが育ちます。けれども、山ぶどうは小粒で種が多いことから食べられる部分が少なく希少です。その山ぶどうを原料に、地元出身のソムリエが手作業で醸造し、ワイナリーに隣接する旧鉱山坑道の最適な環境で貯蔵されます。

山ぶどう100%の紫色が濃いオリジナルワイン「紫雫 Marine Rouge(しずく マリンルージュ)」は、海沿いで育った山ぶどう本来の豊かな風味と手作りにこだわり、熱処理をせずフィルター殺菌でつくる「生詰めワイン」。野趣あふれるなかにジャムのような果実味としっかりした酸味がクセになる味わいです。赤(やや辛口)、北三陸の魚介料理や軽い肉料理にも合うロゼ(中口)、新樽で熟成させて仕上げたプレミアム赤ワインの樽熟成(辛口)の3種があるので、飲み比べてみてはいかがでしょうか。

基本情報
住所
岩手県九戸郡野田村大字玉川5-104-117
営業時間
9:00~18:00
休業日
火曜日
駐車場の有無
あり
交通案内
・三陸沿岸道路「野田村IC」より車で約20分
・三陸鉄道リアス線「野田玉川」駅から徒歩10分
WEBサイト
涼海の丘ワイナリー

[お問い合わせ]

涼海の丘ワイナリー

電話:0194-75-3980

ファックス:0194-75-3980

観光スポット | 岩手県陸前高田市

黒崎仙峡温泉

太平洋の雄大な景色を望む日帰り温泉施設

『黒崎仙峡温泉』は、ゆったりお湯につかりながら、太平洋の雄大な景観を楽しめる日帰り温泉です。
浴室から展望するリアス式海岸の壮大な眺めが最高。季節ごと、時間ごとに見え方が変化する海の景色が神秘的です。
天然温泉は、やや塩気を感じる「塩化物泉」で、体の芯から温まります。三陸復興国立公園のふところに抱かれて温泉を満喫した後は、遊歩道の散策や海の大パノラマを存分にお楽しみください。

撮影POINT
三陸の新鮮な海の幸に舌つづみ

黒崎仙峡温泉の館内にある『食堂さんきょう』では、広田湾で獲れた新鮮な海産物を使用したメニューを提供しています。
種類豊富な三陸の海の幸が楽しめる「海鮮ラーメン」に舌つづみ。夏になるとその日に獲れたウニを使った「生ウニ丼」が販売され、多くの入浴客のお腹と心を満たしています。

基本情報
住所
岩手県陸前高田市広田町黒崎9-41
料金
大人:500円(4時間まで)、 1,000円(1日)
小学生:300円、幼児無料
営業時間
・温泉:平日・土日祝日 10:00~19:00(最終受付18:30)
・食堂:
 月~金 10:30~14:00、16:00〜19:00(L.O. 18:30)
 土日祝日 10:30~19:00(L.O. 18:30)
休業日
水曜日(水曜日が祝日の場合は祝日でない直近の日)
駐車場の有無
あり(無料)
交通案内
三陸自動車道「陸前高田IC」より車で約25分
施設情報
タオル販売:230円
バスタオル販売:700円
WEBサイト
黒崎仙峡温泉

[お問い合わせ]

黒崎仙峡温泉

電話:0192-57-1126

観光スポット | 岩手県住田町

まちや世田米駅

(せたまいえき)

100年以上の歴史ある建物を改修した住民交流拠点

明治時代末期に建設された伝統的な町家と土蔵群が当時の姿のまま残されていた古民家を保存改修。2017年に地域の歴史的、伝統的な魅力を生かした住民交流の拠点として生まれ変わったのが『まちや世田米駅』です。
施設内にはコミュニティカフェ、レストラン、ギャラリーなど多彩な設備を備えた交流拠点施設で、周辺には古い蔵が立ち並んでいるので町歩きもオススメです。

撮影POINT
新たなにぎわい、まち家を活用した複合施設

「まち家世田米駅」の施設内には、カフェやコミュニティの交流スペース、土蔵をいかしたギャラリーなどがあり、さらに、古民家レストラン『Kerasse(ケラッセ)』では、気仙・住田町の食材をふんだんに使用した料理をお楽しみいただけます。
ランチにはジューシーカツ丼など定番メニューに加え、シェフが腕をふるう月替わりのメニューをご用意。ビュッフェ方式にてサラダやデザート、ドリンクはセルフで自由に取れます。夜はピザやパスタなどのイタリアンのメニューの他に、気仙のお刺身の盛り合わせや、オリジナルの味付けの住田ホルモンなど自慢のメニューが目白押し!地元の酒屋さんから仕入れたお酒と一緒にお楽しみください。

基本情報
住所
岩手県気仙郡住田町世田米字世田米駅13
営業時間
・コミュニティカフェ 9:00~21:00
・レストラン kerasse
 ランチ 11:30~14:00、ディナー 18:00~22:00
休業日
水曜日
駐車場の有無
あり(15台程度・大型バス収容可)
交通案内
・東北自動車道「水沢IC」から車で約60分
・釜石自動車道「宮守IC」から車で約30分
WEBサイト
住民交流拠点施設 まちや世田米駅(Facebook)
けせんのだいどころ kerasse

[お問い合わせ]

一般社団法人 SUMICA

電話:0192-22-7808

観光スポット | 岩手県久慈市

道の駅くじ やませ土風館

山・里・海を堪能できる北三陸の観光拠点

『道の駅くじ』は、物産館や観光交流センターなどが集まった観光拠点で、地元の旬の野菜・魚介類、特産品が購入できる「土の館(物産館)」は、お土産選びに最適。久慈地域の魅力を伝える「風の館(観光交流センター)」では、観光館内所が併設されており、周辺の観光情報が集約されています。また、レストラン山海里では、まめぶ汁や琥珀丼など久慈市ならではのメニューを堪能できます。近くには、屋台風の建物がこみちに並ぶ歴通路広場があり、飲食店や雑貨店が立ち並んでいます。
山・里・海を堪能できる北三陸の観光拠点に、ぜひお立ち寄りください。

撮影POINT
豪華絢爛!迫力満点の久慈秋まつりの山車

産直施設で久慈の特産品を販売している「土の館」と、観光の情報発信基地である「風の館」。2つの施設で営業して『道の駅くじ やませ土風館』。
その「風の館」には、岩手県北地域最大のお祭り「久慈秋まつり」で実際に運行に使われている山車を展示しています。この山車は全て手作りのからくり式で、人形や飾りが上下左右に展開することで最大12mにも及ぶ姿は圧巻です。また、秋まつりに関する概要紹介や、実際のまつりの様子、久慈の四季などを映像モニターで紹介します。
大迫力の山車を年中間近で見ることができます。

基本情報
住所
岩手県久慈市中町2-5-6
営業時間
9:00~19:00(10月~3月は18:00まで)
休業日
年中無休
駐車場の有無
あり(大型 8台、普通車 48台、身障者用2台)
交通案内
・東北自動車道「九戸IC」から車で58分
・JR久慈駅から徒歩で10分
WEBサイト
道の駅くじ やませ土風館

[お問い合わせ]

道の駅くじ やませ土風館 風の館(観光交流センター)

電話:0194-66-9200

観光スポット | 岩手県洋野町

おおのキャンパス

14もの施設が融合したレジャースポット

「おおのキャンパス」は、道の駅おおのや産業デザインセンターをはじめ、「一人一芸の里」を体感できる牧場遊びの拠点です。
木工・陶芸・裂き織り職人たちから教わるものづくり体験。ポニーと触れ合える動物ふれあい館。夏休みには森のカブト虫館が期間限定オープン。たっぷり遊んだ後は、高原を望む大浴場でリラックス。 また、夜は「星空日本一」の星降る丘の上の天文台で、夜空のパノラマまで楽しめます。
自然とふれあい、洋野町の食や特産品を楽しみながら、宿泊、レジャーを満喫してください。

撮影POINT
手間をかけた生乳のコク 夢見ごこちな濃厚ミルクソフト

「産直おおの」で購入できる「ゆめミルクソフト」は、地元の「おおのゆめ牛乳」を使用しています。
搾りたての牛乳を、とろ火でゆっくりと加熱。時間と温度に気を配り、沸騰させることなく時間をかけて加工することで、乳本来の甘味やコクをそのまま感じることができる濃厚でありながら、さわやかな後味のソフトクリーム。このほかにも「山ぶどうソフト」も人気。
「ゆめミルクソフト」は、ドライブ中のリフレッシュにぴったりなスイーツです。

基本情報
住所
岩手県九戸郡洋野町大野58-12-30
営業時間
総合案内 9:00~17:00
休業日
総合案内 12月29日~1月3日
駐車場の有無
あり
交通案内
・八戸久慈自動車道「久慈北IC」から車で約20分
・JR久慈駅から岩手県北バス(大野行き)で約40分
WEBサイト
おおのキャンパス

[お問い合わせ]

おおのキャンパス総合案内

電話:0194-77-3202

観光スポット | 宮城県女川町

女川温泉ゆぽっぽ

お肌つるすべ 美人の湯

JR石巻線の終点、女川駅の2階に併設されているのが温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」です。
温泉はお肌に良いとされるカルシウム・ナトリウム塩化物泉の低張性アルカリ性温泉で、疲れた体を癒してくれます。
日本画家の千住博氏が描かれた「霊峰富士」や水辺で語らう鹿のタイル画が壁面に描かれ、震災を乗り越えた女川温泉源泉がお湯を張っています。丸い浴槽が白湯、四角の浴槽が温泉となっています。ゆぽっぽのお風呂でくつろぎのひとときをお楽しみください。
毎月26日と2月6日は「風呂の日」入浴料金半額になります!!

撮影POINT
真っ白な大屋根 ウミネコが羽ばたく町のシンボル

温泉温浴施設「女川温泉ゆぽっぽ」とJR女川駅が一体となった施設で、世界的建築家の坂茂さんが設計しました。
町の鳥・ウミネコが羽ばたく様子をイメージした真っ白な大屋根が特徴で、復興のシンボルにもなっています。
3階の展望フロアからは女川の町を一望でき、元旦には真正面に初日の出が上がります。

入口近くの物産コーナーでは、女川に関連した商品を取り揃えており、駅舎前には足湯が設置されています。入湯料はもちろん無料。電車の待ち時間に、散策後にほっと一息、ぜひお気軽にご利用ください。
※足湯をご利用の際は、足を拭くタオル・ハンカチをご持参ください。

基本情報
住所
宮城県牡鹿郡女川町女川2-3-2
料金
大人(中学生以上)500円、小人(小学生)300円、幼児(小学生未満)無料
営業時間
9:00~21:00(最終入館は20:30まで)
休業日
第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合、翌日が休館日となります)
駐車場の有無
65台収容(施設裏手、女川駅と共有駐車場)
交通案内
三陸自動車道「石巻河南IC」より車で約30分
施設情報
・家族風呂(介護風呂あり)
・販売:フェイスタオル 150円
・レンタル:バスタオル 200円
WEBサイト
女川温泉ゆぽっぽ

[お問い合わせ]

女川温泉ゆぽっぽ

電話:0225-50-2683

観光スポット | 岩手県釜石市

釜石魚河岸にぎわい館「魚河岸テラス」

釜石湾を一望するゆったりとしたテラスで海の幸を堪能する

三陸復興国立公園の中心に位置し、世界三大漁業のひとつと言われる三陸リアス式海岸沿いの岩手県釜石市は、新鮮で美味しい海産物が豊富に獲れる「魚のまち」です。魚市場に隣接する「魚河岸テラス」は、岩手県釜石市の臨海部周辺のにぎわいを生み出す観光施設で、東日本大震災からの観光を核にした復興に向けて釜石市が整備し、2019年4月にオープンしました。

1階にはキッチンスタジオ、展示・物販スペース、「魚河岸ジェラート部(ジェラート店)」などがあり、屋外にはイベントスペースにもなる駐車場が広がります。2階には、ヒカリ食堂、魚河岸庄五郎、Cafe&Restaurant HAMAYUIの3つの飲食店があり、全店舗がオーシャンビューで、ガラス張りの店内や開放的なテラスから釡石湾の景色を一望できます。

撮影POINT
オーシャンビューの洒落たレストラン&テラスで新鮮な海の幸を味わう

2階の「ヒカリ食堂」は、大学との共同研究で生まれた釜石サーモンの漬けにいくらがのった「釜石サーモンといくらの漬け丼」、脂がのったサバの味噌煮、どんこの唐揚げ、鮮やかな赤色の釜石・欣栄丸さんのマグロ丼、定食など幅広いメニューが用意されています。また、釜石市内最大級の水産会社の平庄がプロデュースする「魚河岸庄五郎」も、地元の魚介がたっぷりのった海鮮丼や新鮮な寿司などが自慢です。また「Cafe&Restaurant HAMAYUI」はパスタが人気の地中海レストランです。いずれも眺望の良いお洒落なレストランで、外にはテラス席が広がります。美味しい海の幸をリーズナブルな料金で味わえます。

食後は1階の「魚河岸ジェラート部(ジェラート店)」へ。いくら醤油、大吟醸酒かす、地ビールなど地域の特産品や食材を使った大人向けのフレーバーなど、ここでしか味わえないジェラートを販売しています。

基本情報
住所
岩手県釜石市魚河岸3-3
営業時間
店舗による
駐車場の有無
有(30台、大型バス2台)
交通案内
①三陸自動車道「釜石中央」I.C.から10分
②三陸鉄道リアス線「釜石駅」下車徒歩25分
③釜石駅前から岩手県交通バスに乗車「市営ビル前」バス停下車徒歩3分
施設情報
屋外に24時間トイレ、会議室・ホールなど利用可能(有料、貸出備品有)
WEBサイト
釜石魚河岸にぎわい館「魚河岸テラス」

[お問い合わせ]

株式会社かまいしDMC

電話:0193-27-5566

観光スポット | 岩手県奥州市

歴史公園えさし藤原の郷

奥州藤原氏ゆかりの地で、往時の栄達の思いを馳せる

「歴史公園えさし藤原の郷」は、奥州藤原氏初代清衡公とその父・経清公が住んだ奥州市江刺にある平安時代の歴史テーマパークです。1993年に奥州藤原氏の興亡を題材にしたドラマの撮影をきっかけに整備されました。
約20ヘクタールの広大な敷地には、大小約120棟の建物が建てられており、平安貴族の住宅、寝殿造の建物を再現した「伽羅御所」や、武家館を再現した「経清館」、「清衡館」、政治を司る「政庁」など、各建物の中では、時代衣装や鎧の着付、弓矢や貝合わせなど、往時の様子を体験して楽しむことができます。また、季節に応じて、桜やサツキ、紫陽花、睡蓮、萩、紅葉などの花々も楽しめます。

撮影POINT
幻想的な空間を醸し出す ライトアップ&プロジェクションマッピング

「歴史公園えさし藤原の郷」では、毎年 春(4月中旬〜下旬)と秋(10月中旬〜11月上旬)にライトアップ&プロジェクションマッピングを開催。伽羅御所庭園内の桜と紅葉をライトアップ。池に反射する幻想的な趣で、平安時代の異空間にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

なお、5月下旬には藤棚が見ごろを迎え、東北最大級80mの藤のトンネルを堪能できます。6月中旬から7月中旬にゲンジボタルとヘイケボタルの鑑賞会を開催。四季折々の雰囲気を楽しむことができます。

基本情報
住所
岩手県奥州市江刺岩谷堂小名丸86−1
営業時間
9:00~17:00
※冬期間 11月1日~2月末日までは9:30〜16:00
※入園は閉園の1時間前まで
休業日
1月1日(天災、施設点検などの都合によりお休みさせていただく場合あり)
料金
入場料:
個人/大人1,000円、高校生800円、小中学生500円
※障害者及び学校行事でご来園の方は、上記料金の半額(事前申込が必要となる場合があるため、お問合せください)
団体(10人以上)/大人800円、高校生600円、小中学生400円
駐車場の有無
あり(乗用車600台、大型バス8台)
交通案内
①東北自動車道「水沢IC」から車で約15分
②JR水沢江刺駅から車で約15分
WEBサイト
歴史公園えさし藤原の郷

[お問い合わせ]

歴史公園えさし藤原の郷

電話:0197-35-7791

観光スポット | 岩手県住田町

滝観洞

(ろうかんどう)

国内屈指の洞窟内滝を目指し数億年の時が造り出した「滝観洞」を探索する

海底に堆積した石灰岩の層が隆起し、地上で雨水などにより浸食されてできる鍾乳洞。「滝観洞」は、何億年もの時間をかけて造られた石灰岩(大理石)に覆われた鍾乳洞で、洞内の足下や壁にはかつて海底だったことを証明する海洋生物の化石が見られます。これまでの調査では総延長3,635mまで確認されています。
受付でヘルメットを借りて(レンタル料は入洞料に含まれます)入洞し、冒険気分で880m進むと日本有数の洞窟内の滝「天野岩戸の滝」に到着。ここから折り返して、ゆっくり歩くと往復で約1時間のコースです。
「滝観洞」の隣の滝観洞観光センターには無料休憩所のほか、大食堂があり、長い竹筒から滝のようにそばが流れる「滝流しそば」やジンギスカン鍋、洞窟カレーが名物です。ただし、施設は解体・新築工事が進行中で、新施設は2024年(令和6年)4月オープンする予定です。

※入洞はできますが、食堂は利用不可、仮設施設で受付を行っています。

撮影POINT
轟音とともに高さ29mから流れ落ちる国内屈指の滝「天野岩戸の滝」に感動

映画『八墓村(1977年)』のロケ現場としても使われた「滝観洞」には、ウミユリの化石、天井からの水滴により造られたポットホール、聖観音像、壁にぶら下がって眠るコウモリなどが見られますが、最大の見どころは「天野岩戸の滝」です。洞窟の最奥に造られた高さ60m、周囲50mの洞窟ドームの天井の大理石の裂け目から高さ29m、幅1mの迫力ある滝が流れ落ちています。ドーム内に轟々と鳴り響く滝の音、しぶきに包まれ、厳粛な気持ちになります。「天の岩戸の滝」と命名したのは、大正から昭和にかけて活躍した女流歌人の柳原白蓮です。
洞内は夏もひんやりと涼しいので、羽織るものや濡れてもいいかっぱを用意して、歩きやすい靴を履いて、足元に注意して歩きましょう。

基本情報
住所
岩手県気仙郡住田町上有住字土倉298-81
営業時間
入洞受付時間 8:30~16:30
※11月~2月は土・日・祝日のみ営業 8:30~16:00
※15人以上の団体は平日も受付可能(要予約)
料金
入洞料/大人1,100円、小・中学生500円、幼児無料
<団体割引>15名以上:100円引き、30名以上:200円引き
駐車場の有無
あり(無料)
交通案内
・JR釜石線 上有住駅から徒歩3分
・釜石自動車道「滝観洞IC」より車で約5分
施設情報
公衆トイレ、受付施設の解体工事に伴い食堂は利用不可
WEBサイト
滝観洞・白蓮洞 岩手県住田町

[お問い合わせ]

滝観洞観光センター

電話:0192-48-2756