ショッピング | 宮城県気仙沼市

男山本店

日本有数の港町・気仙沼のまちとともに歴史と文化を育む酒蔵

1912年に創業し、日本有数の漁港の町として栄える気仙沼で100年以上にわたって酒造りを続ける蔵元が『男山本店』です。
地元の酒蔵として特にこだわりが強いのが酒米。1997年に宮城県初の酒造好適米として誕生した「蔵の華」の誕生に尽力。地元気仙沼で造った酒米で造る地米酒づくりも、生産農家や県、市とも一体となって進めています。

本店ビル1階の魚町店舗では直売所として男山本店の酒の試飲販売ができ、3階はまちの歴史と文化を感るギャラリー空間として無料開放されています。また、魚町店舗から徒歩3分の場所に酒蔵があり、事前予約が必要ですが酒蔵見学もできます。

撮影POINT
気仙沼で水揚げされる魚介類と一緒に楽しめる酒

「男山本店」の中心銘柄は、「蒼天伝」「美禄」「気仙沼男山」の3種類。
なかでも、「蒼天伝」は気仙沼の蒼い海と空をイメージした地酒が造りたいと2002年に生み出され、気仙沼らしさを強調したすっきりとした酒質で、後味のキレがいいのその特徴。
ぜひ、三陸・気仙沼の魚料理を食べながら飲んでもらいたいお酒です。

基本情報
住所
宮城県気仙沼市魚町2-2-12
営業時間
10:00〜17:00
休業日
火曜日
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸自動車道「気仙沼鹿折IC」より車で約4分
WEBサイト
気仙沼 男山本店

[お問い合わせ]

男山本店・魚町店舗

電話:0226-24-8088

ショッピング | 岩手県釜石市

浜千鳥

(はまちどり)

自然とひとつになった酒造り

『浜千鳥』は、岩手・釜石市唯一の造り酒蔵として、大正12年(1923年)に創業。
三陸海岸と北上山地に囲まれた沿岸部に位置し、「自然とひとつになった酒造り」を続け、地域性を醸しながら蔵独自の景色を表現。
お酒の趣はさらりとした口当たり、切れの良い甘みが特徴です。

浜千鳥では、酒造り体験会など年間を通して様々なイベントを行なっております。詳しくは公式サイトをご覧ください。

撮影POINT
海と里と人を繋ぐ、地の酒

酒米は、地元・大槌酒米研究会栽培の「吟ぎんが」を中心に、岩手の酒米・酵母・水、南部杜氏の技をもって表現する本醸造酒、純米酒、吟醸酒等の特定名称酒を主力商品としています。
海と里と人を繋ぐ、地の酒を味わいましょう。

基本情報
住所
岩手県釜石市小川町3-8-7
営業時間
9:00〜17:00
休業日
土・日・祝日
駐車場の有無
あり
交通案内
釜石自動車道「釜石中央IC」より車で約3分
WEBサイト
浜千鳥

[お問い合わせ]

株式会社 浜千鳥

電話:0193-23-5613

ショッピング | 岩手県宮古市

宮古市魚菜市場

旬の新鮮な魚介がズラリと並ぶ「宮古の台所」でショッピングを満喫する

「宮古の台所」として宮古市民に親しまれている「宮古市魚菜市場」。終戦直後の露天商を原点に1967年に新市場を開設、1995年に現在地に移転・新築し2022年に創業55周年を迎えました。
朝6時半から営業しており、世界有数の漁場、三陸沖で穫れたカキ、ホタテ、アワビ、ウニ、ホヤ、サケ、マグロ、タラなど旬の新鮮な魚介類、ワカメやコンブなどの海藻類、干物などの水産加工品がズラリと並びます。魚介は食べ方や調理法などをお店のスタッフに気軽に質問しながら選ぶのがおすすめ。鮮魚類は各商店で氷を詰めて梱包発送してくれます。

撮影POINT
岩手の美味しいが詰まった牛乳瓶いっぱいに入った生ウニは絶品

三陸の初夏の風物詩と言えば牛乳瓶に入った生うにです、濃厚な甘みとコクは新鮮な生うにのあかしです。
旬の食材が瓶に入った名物・瓶ドンも問い合わせが多い人気商品です。また、市場内の食堂では、具が豊富な宮古海鮮丼、真鯛漬け丼、サーモンいくら丼など、海鮮丼だけでも常時10種類。ほかにも宮古海鮮ちらし、浜ラーメン、天丼、定食など、豊富なメニューが用意されています。買い物をして食欲を刺激した後に新鮮な魚介の朝食をどうぞ。
※瓶入り生ウニの販売時期は例年6月から8月初旬となります。

基本情報
住所
岩手県宮古市五月町1-1
営業時間
6:30〜17:30
休業日
毎週水曜日
駐車場の有無
有(普通車104台・大型バス3台)
交通案内
JR「宮古駅」より徒歩約10分
施設情報
トイレ、インフォメーション、売店
WEBサイト
宮古市魚菜市場

[お問い合わせ]

宮古市魚菜市場

電話:0193-62-1521

ショッピング | 岩手県奥州市

OIGENファクトリーショップ

(おいげん)

伝統と革新が融合する南部鉄器のカッコ良さにシビれる

奥州市水沢区は、盛岡市と並ぶ「南部鉄器」の産地。北上川東側にある羽田町周辺には、古くから続く沢山の鋳物工場が立ち並ぶなか、ギャラリーのような趣きで存在感を放っているのが、南部鉄器づくり160余年の歴史を持つ「OIGEN」の直売店「ファクトリーショップ」です。
平安時代後期まで遡るといわれる奥州市の南部鉄器づくりですが、OIGENでは昔ながらの南部鉄瓶や鍋はもちろん、現代のライフスタイルに応じた製品も製造・販売。グリル調理器やホットサンドメーカーなどガスコンロやIHIに対応している製品も多く揃っています。なかでも、ガスコンロ用のパン焼き器「タミさんのパン焼き器」、通称「タミパン」は人気商品です。
伝統の上に、新たな息吹を吹き込むスタイリッシュな南部鉄器をお愉しみいただけます。

撮影POINT
南部鉄器が生まれる製造現場を見学

OIGENでは隣接する工場を見学することも可能です(要予約)。
工場見学は平日(月・火・木・金)のみですが、1名から対応可能。専門のガイドスタッフが案内してくれながら、鉄器が生まれる工程を20分程度で見学できます。
1500度に熱された鉄が、急須や鍋などそれぞれの型に注がれていく作業は迫力たっぷり!
普段なかなか体験できない、南部鉄器の製造現場を五感で感じてみてはいかがでしょうか。

基本情報
住所
岩手県奥州市水沢羽田町字堀ノ内45
営業時間
10:00〜17:00
休業日
水曜日
駐車場の有無
あり(普通車6台、大型バス1台)
交通案内
・東北自動車道「水沢IC」より車で約15分
・東北新幹線 水沢江刺駅より徒歩10分
WEBサイト
OIGENファクトリーショップ | 鉄器の及源鋳造株式会社 【公式】

[お問い合わせ]

OIGENファクトリーショップ

電話:0197-25-5925

ショッピング | 岩手県普代村

道の駅 青の国ふだい

2019年9月に誕生、鉄道駅道の駅で普代村の海産物や自慢の昆布を使った特産品を買う

三陸鉄道リアス線「普代駅」の旧待合室・物産品売店スペースをリニューアルして2021年9月25日、三陸道路全面開通に合わせてオープンした岩手県35番目の道の駅です。
「普代駅」に併設し、黒崎園地、黒崎展望台、普代浜園地キラウミ、普代水門といった普代村観光の拠点として、三陸沿岸道路「普代IC」から車で約1分と近く、車の旅でも立ち寄りやすいスポットです。物産館と地元の農林水産物の直売所、軽食・喫茶、情報コーナー、コインランドリーがあります。物産館では、岩手県や普代村の農林水産品、特産品がずらり。特に特産品の塩や昆布を使ったさまざまな商品を取り揃えています。
「道の駅青の国ふだい」の名称は、普代村で水色の空や紺色の海をはじめ群青色、瑠璃色など、さまざまな青色に出合えることから、「青の国」をテーマに観光事業を進めていることで名づけられました。

撮影POINT
肉厚で歯ごたえがある昆布とわかめを使ったさまざまな商品をお土産に

普代浜は、北からの栄養分豊富な親潮と流れの早い黒潮が混じり合う豊かな漁港で、海藻の養殖にも恵まれ、肉厚で食べごたえある食感、風味の良い昆布とわかめが育ちます。
「道の駅青の国ふだい」には、昆布やわかめを使った商品がたくさん。なかでも間引きしない若い昆布をボイルして細く切り板状にして乾燥させた「すき昆布」が人気。ほかにも、昆布粉末を練り込んだ昆布らーめん、こんぶ饂飩(うどん)、こんぶそうめん、昆布パスタといった麺類、昆布パウダー、こんぶかりんとう、銘菓こんぶの助、こんぶっセなどを「よろこんぶ」にかけてお土産にどうぞ。昆布粉末を練り込んだ「こんぶソフトクリーム」はここでしか味わえないおいしさ。
また、こぶ塩、わかめ塩といった塩、三陸産のアカモクとたたきめかぶを使用した粘り気とシャキシャキ感が特徴の「ふだいのねばり」、新巻シャケなども人気商品です。

基本情報
住所
岩手県下閉伊郡普代村第9地割字銅屋5-3
営業時間
8:00~17:00
駐車場の有無
普通車25台、大型車18台、身障者用1台
交通案内
三陸沿岸道路「普代IC」から車で約1分
WEBサイト
道の駅 青の国ふだい

[お問い合わせ]

道の駅 青の国ふだい

電話:0194-35-2411

ショッピング | 岩手県山田町

道の駅やまだ

海が徒歩圏の道の駅で当日に届く新鮮な農産物や自慢のしいたけやまつたけを買う

三陸海岸のほぼ中央、岩手県山田町に位置し、国道45号線沿いある三角屋根が目印の道の駅。施設内には、売店コーナー、産直コーナー、観光情報が入手できる情報コーナー、食堂などがあります。
売店コーナーには、毎日近隣から届く生鮮野菜や果物、水揚げされたばかりのホタテや牡蠣、アカザラ貝などの魚介、ワカメやアカモクなどの海藻類、菓子類、日用品までが並びます。山田せんべいやすっとぎなどの伝統菓子を買って、徒歩約5分の海岸でのんびりティータイムをするのもおすすめです。
春は山菜、夏は瓶ウニ、秋はマツタケ、冬は新巻鮭やイクラ(生・醤油漬)など、旬の商品も。全国でも最高級品質レベルと高い評価を受けているしいたけは、地元のナラ木を使った原木乾椎茸で、しいたけコーナーも設けています。また、三陸山田産のマツタケも形がよく香りが濃いと首都圏の高級飲食店からも高い評価をいただいているので、旬の時期は見逃せません。

撮影POINT
道の駅の食堂で磯の香りのラーメンや海鮮丼、個性派ソフトを味わう

「道の駅やまだ」の食堂コーナーは、木のぬくもりにあふれ、椅子の背もたれはしいたけやホタテ貝など特産品をイメージしたデザインで、が思わず笑顔を誘います。ラーメンやうどん、そば、カレーライス、海鮮丼のほか、フランクフルト、アメリカンドック、フライドポテトなどの軽食のほか、スイーツも提供しています。
人気のラーメンは、わかめを練り込んだ特製麺を使い、三陸産の海藻や魚介類をバランスよくたっぷりトッピングした「三陸磯ラーメン」、山田湾産カキのうまみがしみ込んだ塩味スープに牡蠣、海藻をトッピングした「山田牡蠣ラーメン」は磯の香りたっぷり。
スイーツは、生地から手作りした、やさしい甘みの「手作りかぼちゃドーナッツ」、ほんのり磯の香りがする「わかめソフトクリーム」のほか、三陸沿岸地方で昔から食べられている、もちもちした食感の短めのうどんをあずき汁で煮込んだ「あずきばっとう」とソフトクリームを組み合わせた新感覚の「あずきばっとうソフト」を提供、テイクアウトもOKです。

基本情報
住所
岩手県下閉伊郡山田町船越6-141
営業時間
・売店コーナー 9:00〜18:00
・食堂コーナー 9:30〜16:30
 (食堂コーナー11月~3月は16:00まで)
休業日
不定休
駐車場の有無
普通車 47台(身がい者用 2台含む)、大型車 4台
交通案内
三陸沿岸道路「山田南IC」より車で約3分
WEBサイト
道の駅やまだ

[お問い合わせ]

道の駅やまだ ふれあいパーク山田

電話:0193-89-7025

ファクス:0193-89-7026

ショッピング | 岩手県陸前高田市

道の駅 高田松原

奇跡の一本松など震災遺構を備えた道の駅で、鎮魂と三陸の未来を願う

震災から8年後の2019年に、新たに重点道の駅として再スタートを切ったのが道の駅高田松原。「奇跡の一本松」をはじめとした震災遺構を備えた高田松原津波復興祈念公園内のゲートウェイの役割を果たしており、国営追悼施設や、東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)などが併設されています。地元で採れた野菜、果物、海産物、お土産や陸前高田市で食べられているおやつが並ぶほか、お買い物ブースの隣にイートインスペースが設けられ、地元食材を使った飲食店の食事をとることもできます。また、観光拠点施設として、三陸地域の観光名所や宿泊施設について、三陸観光のプロフェッショナルに尋ねることができます。

撮影POINT
東日本大震災の津波に耐えた復興のシンボル

東日本大震災で発生した津波で約7万本もの松がなぎ倒される中、唯一、荒波に耐えて真っすぐに立ち残ったのが「奇跡の一本松」。傍らには、かつてユースホステルだった建物が折れ曲がったまま佇み、震災・津波の爪痕を今に伝えています。
その後、海水によって根が腐り、松の木の枯死が確認されましたが、後世にもこの希望の象徴を残したいという想いから「奇跡の一本松保存プロジェクト」が立ち上がり、モニュメントとして保存整備されました。昼夜を問わず何人もの人々が訪れ、手を合わせて復興を祈っています。

基本情報
住所
岩手県陸前高田市気仙町字土手影180
営業時間
9:00〜18:00
休業日
年中無休(施設内一部店舗を除く)
駐車場の有無
有(普通車:136台、大型車:33台)
交通案内
三陸自動車道「高田長部IC」より車で約10分
施設情報
24時間トイレ(無料)
WEBサイト
道の駅高田松原

[お問い合わせ]

道の駅高田松原

電話:0192-22-8411

ショッピング | 宮城県登米市

道の駅 三滝堂

内陸・沿岸地域のゲートウェイで、旬の農産物や加工品を味わう

道の駅三滝堂は2017年4月にオープン。三陸自動車の三滝堂ICに隣接しており、内陸・沿岸部のゲートウェイとしての役割を果たしています。市内の特産物や農産品、お土産品を中心に販売する売店や飲食施設を備えており、なかでも直売所は、旬の農産物はもちろん、加工品やスイーツも種類が豊富で、平日でも開店待ちのお客さんが並ぶほどの人気です。また、宮城県の道の駅としては初のドッグランが併設されており、愛犬家たちからも高い評判を集めています。電源を利用できるRVパークも併設されており、良質の車中泊スポットとして、高い利便性を誇っています。

撮影POINT
宮城の味・ずんだを使ったスイーツや、仙台牛ステーキが人気

地元産品が人気の同駅のなかでも、特に人気が高いのが宮城の味・ずんだを使った「ずんだシェイク」と「ずんだソフトクリーム」。一息つきたい時にオススメです。また、仙台牛の産地として名高い登米市産の「仙台牛ステーキ定食」はぜひとも食したい一品です。

基本情報
住所
宮城県登米市東和町米谷字福平191-1
営業時間
売店:9:00〜19:00、レストラン:10:00〜17:00
駐車場の有無
81台(大型車37台、小型車42台、身障者2台)
交通案内
三陸自動車道「三滝堂IC」に隣接
WEBサイト
道の駅 三滝堂

[お問い合わせ]

道の駅三滝堂

電話:0220-23-7891

ファクス:0220-23-7519