グルメ | 岩手県盛岡市

わんこそば 東家 本店

(あずまや)

おもてなしの心から生まれた伝統食文化

『わんこそば』は、「おもてなしの心」から生まれた岩手ならではの伝統食文化。宴の席で大勢のお客様をもてなすために考えられたと伝えられています。一口大の小分けにしたあたたかいお蕎麦を様々な薬味と共にたっぷりと味わっていただけます。15杯前後で通常のかけそば一杯分となります。

創業明治四十年、初代から割烹料理店として地元に愛されてきた『東家(あずまや)』では、「わんこそば」が観光客に大人気。料理長が長時間にわたって仕込んだ出汁でいただくそばが絶妙です。昭和初期の商家を改築した店内は、昔ながらの木造建築のたたずまい。お給仕さんとの掛け合いも楽しい、岩手ならではの「わんこそば」をぜひご賞味ください。前もってのご予約をおすすめします。

わんこそばは盛岡三大麺(わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺)のひとつでもあります。

撮影POINT
おもてなし×エンターテインメント=「わんこそば」

「はい、じゃんじゃん!」「どんどん」という掛け声とともに、お給仕さんによって手元のお椀にひと口分ほどの蕎麦が投げ込まれます。
お腕に給仕されたそばを次々と平らげる、その土地ならではのおもてなしとエンターテインメントが味わえます。『東家(あずまや)』では、食べた分だけ腕を重ね、食べた杯数を記録した名前入りの証明書を発行してくれます。さらに、100杯以上食べると、杯数入りの木製の手形も貰えます。
何杯食べられたかを競い合ったり、多彩な薬味と一緒にゆっくりと自分のペースで食べることができる郷土食を、ぜひご堪能ください。

基本情報
住所
岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3
料金
わんこそばの料金はこちら
営業時間
昼の部 11:00~15:00 
夜の部 17:00~20:00
※わんこそばはL.O.19:00 当日受付は10:30頃〜
駐車場の有無
あり
交通案内
東北道「盛岡IC」から車で15分
WEBサイト
そば処 東家 公式サイト

[お問い合わせ]

東家 本店

電話:019-622-2252

グルメ | 岩手県釜石市

ミッフィーカフェかまいし

被災地に彩りを 癒しのミッフィーで地域に笑顔を

「ミッフィーカフェかまいし」は、東日本大震災後の2015年に、オランダ王国大使館 及び株式会社ディック・ブルーナ・ジャパンの協力の下、オランダ人の絵本作家であるディック・ブルーナが描くうさぎの絵本の主人公 ”ミッフィー” をテーマとした釜石オリジナルのカフェとして、釜石情報交流センターと共にオープンしました。
ラグビーの街である釜石市にちなみ、ラガーシャツを着てラグビーボールを持ったミッフィーのぬいぐるみを始め、オリジナルグッズも多数取り扱っています。日本では期間限定で開催されることの多いミッフィーカフェですが、常設の公式カフェは日本ではここだけです。

撮影POINT
食べる前にパシャリと記念撮影を忘れずに

カフェメニューは、ドリンクや食事、デザートなど約40種類のメニューがり、ミッフィーのかわいらしいビジュアルが盛り込まれているものがたくさんあります。
中でも人気は「ミッフィーオランダプレート」。ミッフィーの作者 ディック・ブルーナの故郷であるオランダの家庭料理をイメージしたプレートで、ゴロっと大ぶりな肉団子「へハクスバレン」をメインに花形の目玉焼き、ミッフィー型のライス、スープなどが付きます。ほかにもミッフィーお子様プレートや、ワッフルなどどれも食べるのがもったいない可愛さです♪

基本情報
住所
岩手県釜石市大町1-1-10 釜石情報交流センター内
料金
ミッフィーオランダプレート:1,380円
営業時間
11月~2月までの冬期期間
・平日 11:00~15:00(L.O. 14:30)
・土日祝 11:00~16:00(L.O. 15:45)
休業日
毎週水曜・木曜日
駐車場の有無
なし
交通案内
三陸自動車道(釜石自動車道からは釜石JCT経由) 釜石中央ICより約8分
JR釜石線・三陸鉄道リアス線「釜石駅」より徒歩15分
岩手県交通「大町」バス停下車すぐ(釜石駅前バス停より乗車約5分)
WEBサイト
ミッフィーカフェかまいし

[お問い合わせ]

ミッフィーカフェかまいし

電話:0193-55-6707

観光スポット | 岩手県洋野町

ひろの水産会館 UNIQUE(ウニーク)

白い客船をイメージした洋野町の復興のシンボル

白い客船をイメージした外観の、洋野町の復興のシンボルとも言える「ひろの水産会館ウニーク」。
東日本大震災の津波で全壊した種市ふるさと物産館の跡地に建設されました。
館内には新鮮な水産物の直売所や、町の特産品を集めた物産コーナー、地元食材が提供される軽食コーナーもあります。夏には特産のウニの販売や生ウニ丼の提供が行われます。

窓辺からは海と空のパノラマを見渡すことができます。ウニの赤ちゃん"稚ウニ"を育てる施設や種市海浜公園等が眼下に見られ、まさに洋野町らしい景色が広がります。お買い物もお食事も楽しむことができる、観光発信・体験交流の拠点です。

撮影POINT
日本で唯一の「増殖溝」 自然と共生し育てるウニ

岩手県最北の太平洋沿岸に位置する洋野町種市といえば「ウニ」の里。
「増殖溝」と呼ばれる、岩盤に掘られた溝に沖合のウニを移殖し、そこで育つワカメやコンブをエサとすることで良質のウニが育つと言われています。そうして育てられた洋野町のウニは大きな身がずっしり入り、濃厚な甘みが特徴です。そんなウニを贅沢に使用した生ウニ丼で磯の味わいを感じてみては。

基本情報
住所
岩手県洋野町種市22-133-11
開館時間
9:00~17:00(10月~3月 9:00~16:00)
休館日
木曜日
駐車場の有無
あり
交通案内
・八戸自動車道「軽米IC」から車で55分
・JR八戸線種市駅から徒歩で15分
WEBサイト
ひろの水産会館UNIQUE(ウニーク)(岩手県洋野町)

[お問い合わせ]

ひろの水産会館 UNIQUE(ウニーク)

電話:0194-65-5161

グルメ | 岩手県盛岡市

盛岡冷麺 ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店

のどごしツルリ さっぱり冷麺

盛岡冷麺のルーツは、盛岡の麺職人である青木氏が朝鮮半島に伝わる咸興冷麺と平壌冷麺を融合させ、創作したのが始まりです。高麗キジのだし汁に似た牛スープに酸味と辛味のあるキムチを組み合わせ、朝鮮半島の麺特有のコシの強さはそのままに、さらに改良して、「喉ごしの良さ」「見た目のおいしさ」を加えた、独自の冷麺を作り上げ、今では盛岡市民にとって欠かせないグルメであり、盛岡を訪れたら見逃せない名物です。

冷麺は盛岡三大麺(わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺)のひとつでもあります。

撮影POINT
コシが強くツルッとした喉ごしがクセになる

「ぴょんぴょん舎」では厳選した小麦粉と馬鈴薯でんぷんを独自の配合で練り上げ、コシの強いシコシコした食感の自家製麺を提供しています。その場で練り上げた生地を製麺機で押し出し、茹で上げ、すぐに冷水にとってしめる、といったこだわりが、コシの強さの秘密です。冷麺専用の自家製「キャベツと大根のキムチ」は、乳酸発酵の旨みと酸味、唐辛子の辛味、発酵食品特有のピリピリ感が牛スープに加わるとスープの旨みはさらに増し、後を引くおいしさです。
麺・スープ・キムチ、これらが三位一体となったおいしさこそ、盛岡冷麺の魅力です。

基本情報
住所
岩手県盛岡市盛岡駅前通9-3
営業時間
11:00~24:00(L.O. 23:00)
※現在の全店営業時間はこちらでご案内しております。
休業日
なし
駐車場の有無
なし(3,000円以上お食事で提携駐車場1時間無料)
交通案内
東北自動車道「盛岡IC」から車で15分
WEBサイト
焼肉・冷麺 ぴょんぴょん舎

[お問い合わせ]

ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店

電話:019-606-1067

グルメ | 宮城県石巻市

石巻焼きそば

茶色い麺がインパクト大の、地域グルメ「石巻焼きそば」を味わう

宮城県石巻地方で、昭和20年代から脈々と続いているという郷土食といってもいい歴史を持つご当地グルメが「石巻焼きそば」です。
最近ではB-1グランプリなどのコンテストに出たりしたことで、高い知名度を得ています。その「石巻焼きそば」の最大の特徴は麺が茶色いこと。麺を二度蒸しすることによりできる茶色い麺で、水分をよく吸いこむ香ばしい香りが特徴です。そしてこの麺を魚介ダシで蒸し焼きにして、ダシのうま味が凝縮された焼きそばに仕上がったところに、目玉焼きをトッピング。どうぞ、召し上がれ。

撮影POINT
多めにソースを掛けるのが石巻流!?

調理された石巻焼きそばは、褐色の見た目の割に、だし汁の影響により味がマイルドになっているため、ウスター系の酸味の強いソースを掛けて自分好みの味付けにして食べるのが一般的とされています。もちろんソースは好みで必須ではありません。
最初は魚介だしの風味を楽しみながら一口、そしてソースを後がけで食べるのが本場「石巻焼きそば」の流儀です。

基本情報
住所
宮城県石巻市
交通案内
三陸自動車道「石巻河南IC」より車で約10分(石巻観光協会駅前案内所)
WEBサイト
石巻発祥 茶色い焼きそば(石巻観光協会)

[お問い合わせ]

一般社団法人 石巻観光協会

電話:0225-93-6448

グルメ | 宮城県栗原市

数又養魚場 岩魚の館

イワナ養殖発祥の地で、自然の力強さを感じるイワナ丼を食す

栗駒耕英地区は日本イワナ養殖発祥の地といわれており、栗駒山麓の清水が育むイワナは身の締りもよく、とっても美味です。なかでも、養殖場も営み、イワナ釣りを楽しんだあと、その場で調理して食べさせてくれるのが「岩魚の館」。
鮮度は抜群、味にも香りにも自然の力強さが感じられるイワナを調理した名物「イワナ丼」は、栗駒を代表するブランド品です。注文ごとにさばくイワナは鮮度が抜群で、ふわふわとしてとろける食感はまさに絶品そのもの。かば焼き風のイワナはオリジナルのたれがさらに食欲をそそります。肝吸もイワナ。さらにガッツリ味わえるイワナ重も人気メニューです。

撮影POINT
清流で育てられたイワナの姿を楽しむ

隣接の数又養魚場は日本で初めてイワナの養殖に成功した養魚場。栗駒山のきれいで豊富な雪解け水が常に流れ込む、清流のかけ流しの中でイワナたちが養殖されている様子を見学することもできます。貴重なイワナを味わうだけでなく、稚魚、幼魚、成魚という成長の刻みも目の当たりにできるのはここならではです。

基本情報
住所
宮城県栗原市栗駒沼倉耕英南127
営業時間
11:00~15:00
休業日
不定休
駐車場の有無
あり(15台)
交通案内
東北自動車「若柳金成IC」より車で約60分
WEBサイト
数又養魚場 岩魚の館

[お問い合わせ]

数又養魚場 岩魚の館

電話:0228-46-2136

グルメ | 宮城県南三陸町

南三陸ワイナリー

海の見えるワイナリーで、ワインと料理のマリアージュを楽しむ。

「南三陸ワイナリー」は、2020年10月にオープンした海の見えるワイナリーです。町内初のワイナリー施設で、醸造と貯蔵、ショップ、テラスの機能を併せ持っています。運営者の地域の自然や食、人をワインをめぐる物語でつなぎたいという想いの下、ワインはもちろんのこと、地域の資源を活かした様々な商品が充実。ワイナリーのショップ&キッチンでは、ワインとワインに合う地元食材を使った加工品が販売されており、ワインの有料試飲やショップ内でのご飲食も可能です。前日までの事前予約で醸造所内見学ツアーも実施。夏には海中熟成のワイン会、秋にはブドウ畑で収穫祭など、年間を通して、海と山に囲まれた南三陸の自然と食をワインとともに楽しめます。

撮影POINT
南三陸町の海と山の邂逅、海中熟成ワイン

南三陸ワイナリーの独自の取り組みが、ワインの海中熟成。空気中よりも音の伝達速度が速い海の中では、様々な生き物、波や泡、船外機などの様々な音が広範囲から微振動として届き、ワインの熟成が早まると伝えられています。志津川湾に抱かれてまろやかに熟成されたワインは、まさに海と山に囲まれた南三陸ならではの逸品です。

基本情報
住所
宮城県本吉郡南三陸町志津川字旭ヶ浦7-3
営業時間
Shop & Kitchen
水~金 13:00~18:00
土日祝 10:00~18:00
休業日
月・火
※祝日営業の場合は、翌営業日に振替休業
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸自動車道「志津川IC」より車で約6分
WEBサイト
南三陸ワイナリー

[お問い合わせ]

南三陸ワイナリー株式会社

電話:0226-48-5519

グルメ | 宮城県登米市

大衆食堂 つか勇

宮城を代表するB級グルメをみやぎの明治村で食す

宮城県北部、「みやぎの明治村」とも呼ばれる登米市登米町(とよままち)の名物グルメとして名高いのが「油麩丼」です。「B-1グランプリ」にも参加したことで、全国的にも高い知名度を誇っています。
その油麩丼を提供するお店のひとつが、大正11年塚本商店として創業し、2022年で創業90年を超える老舗「大衆食堂 つか勇」。油麩丼の他にも多彩なメニューで、地元の常連さんをはじめ、多くのリピーターが遠方からも駆けつけています。

撮影POINT
B-1グランプリでお馴染みの名物グルメ 油麩丼

「油麩丼」は登米市発祥の油麩を使った代表的な料理で、地元の旅館のおかみが考案したメニュー。肉が苦手な人のために、カツ丼の代わりとして提供したのが、油麩丼のはじまりとされています。肉が入っていないのに、コクが出ておいしい!満腹感もあり、食べ応えのある一品です。

その油麩丼と合わせて、ぜひ食べたいのがこの地域に郷土料理として、400年以上前の藩政時代から伝わる「はっと汁」。出汁の中に季節の野菜や肉を入れ、耳たぶほどのかたさに練った小麦粉を薄くのばして入れ、醤油などで味付けをするのが特徴。つか勇でも油麩丼とのセットが提供されており、人気メニューとなっています。

基本情報
住所
登米市登米町寺池桜小路103
営業時間
月~金曜日 11:00~15:00
土・日・祝日 11:00~17:00
※電話で確認してください。
休業日
不定休(12月31日~1月2日は休み)
駐車場の有無
あり(4台)
交通案内
三陸自動車「登米IC」より車で約5分
WEBサイト
大衆食堂 つか勇(登米市)

[お問い合わせ]

大衆食堂 つか勇

電話:0220-52-2073

グルメ | 宮城県登米市

うなぎ割烹 東海亭

北上川畔に立つ古民家で極上のうなぎを味わい、至福のときを過ごす

北上川畔に立つ、明治8年創業の老舗「東海亭」。当時この周辺地域ではタレ焼きしたうなぎを食べる習慣がなかったために、本場静岡の職人を招聘したことが店名の由来となっているそうです。身の厚いうなぎを白焼きにして蒸し、130年以上の歴史を重ねた秘伝のタレをつけて焼きあげる逸品は、「蒸し」が関東風で、甘めのタレは関西風。米は地元である登米市中田町産のササニシキを使い、タレに使用する醤油も地元の老舗「ヤマカノ醸造」のものを使うのが東海亭のこだわり。わざわざ遠方から訪れるファンも後をたたない名店です。

撮影POINT
時期によっては、北上川で採れる希少な天然うなぎも楽しめる

うな重にうな丼、白焼きや蒲焼。どれも至極の一品だけに、注文するメニューを迷ってしまうのも人情というもの。
さらに、東海亭では、例年5月から10月ごろにかけて、北上川で採れる希少な天然うなぎも味わえるので、その貴重な味もぜひご賞味ください。

基本情報
住所
宮城県登米市登米町寺池九日町46
営業時間
平日 11:00~14:00
土・日・祝日 11:00~無くなり次第終了
休業日
月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸自動車道「登米IC」より車で約6分
WEBサイト
東海亭(登米市)

[お問い合わせ]

うなぎ割烹 東海亭

電話:0220-52-2023

グルメ | 宮城県東松島市

ちゃんこ萩乃井

東松島の海と人が育んだ味、のりうどん

東松島の名物グルメとして注目を集めているのが「のりうどん」。そして、この「のりうどん」を考案したのが「ちゃんこ萩乃井」です。
「のりうどん」の美味しさはもちろんのこと、元大相撲力士の店主がつくる本格ちゃんこ鍋は鶏のダシがきいて奥深い味が魅力です。
ちゃんこ鍋以外にも丼もの、定食など豊富なメニューをご用意。相撲をテーマにしたアート作品や力士の写真が飾られた店内で、舌鼓を打ちましょう。

撮影POINT
「のりうどん」の独自の食感と海苔の風味を存分に楽しむ

「のりうどん」は東松島で育てられた、栄養たっぷりの海苔が練り込まれており、さらに練る粉には宮城県産の2種類の中力粉を使用。
味付け、旨味調味料添加物、一切使用しない安心安全で美味しい海苔をふんだんに使用しているので、食べた瞬間から海の香りを堪能することができます。こだわりの製法から生み出される独特の食感と練り込まれた海苔の風味による「のりうどん」は、一度食べると瞬く間にはまってしまうこと間違いありません。

基本情報
住所
宮城県東松島市矢本字河戸29-2
営業時間
11:00~21:00
休業日
元旦
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸自動車道「矢本IC」より車で約5分
WEBサイト
ちゃんこ萩乃井

[お問い合わせ]

ちゃんこ萩乃井

電話:0225-82-2478