グルメ | 宮城県利府町

田里津庵

(たりつあん)

松島湾を望むオーシャンビューを楽しみながら、数々の美食を堪能する

日本三景に数えられる松島湾を眺めながら、絶品のかきやアナゴ料理を味わえるのが『田里津庵』です。
多くの観光客で賑わう松島の中心部から少し離れた岬の高台というロケーションに、「ここから見晴らす松島の素晴らしい景色を多くの人たちに届けたい」という思いから1973年に創業。2001年のリニューアルを経て現在に至っています。
「田里津」の屋号は十里四方の地味へのこだわりを表しており、「田」はふるさとの美味しい米、「里」は健やかな野の野菜、「津」は津々浦々の獲れたて魚介を意味するそうです。

撮影POINT
一度口にしたら虜になる極上のあなごひつまぶし

田里津庵の名物はなんといっても「あなごひつまぶし」。
厳選された国産アナゴの真ん中の肉厚な部位のみを使用し、ふっくらと酒蒸しした後、じっくりと香ばしく焼き上げたアナゴの美味しさは言葉にできないほど。ダシにはアナゴの風味が際立つよう利尻産、日高産の2種類の昆布と鰹節の一番ダシを使用。宮城県産丸大豆醤油を使用した秘伝のタレが濃厚な味わいを生み出しています。

基本情報
住所
宮城県宮城郡利府町赤沼字井戸尻132-2
営業時間
11:00~15:00(L.O. 14:00)
休業日
不定休
駐車場の有無
あり(30台)
交通案内
三陸自動車道「松島海岸IC」より車で約5分
WEBサイト
かきとあなご 松島 田里津庵

[お問い合わせ]

田里津庵(たりつあん)

電話:0570-041-075

観光スポット | 宮城県利府町

馬の背

表松島の天然の桟橋で、自然の織りなした偶然を味わう

松島湾の一角を占める利府町には、表松島と呼ばれる波の穏やかな入り江が続いています。陸から海に突き出た天然の桟橋が「馬の背」です。長い年月の波の浸食によって馬の背中のような形状となり、約250メートルほど陸地から海に突き出た姿をしています。先端まで渡ることのできる景勝地ですが、道幅は狭く、舗装されていないむき出しの状態で、手すりなどは一切ありませんので、相当の注意が必要です。馬の背からは表松島の島々を眺めることができ、抜群の光景となっています。向かいには、馬の背と合わせて親子の姿に見えることから名付けられた「子馬」も眺望できます。

撮影POINT
馬の背から眺める景色も、また絶景スポット

海に向かって伸びる天然の桟橋「馬の背」の全長は約250メートルほど。向かいの「子馬」や、表松島の島々が眺められる映えスポットですが、写真等を撮ることに夢中になりすぎて、遊歩道から落ちないように最新の注意を払って、撮影等を楽しむようにしてください。

基本情報
住所
宮城県宮城郡利府町赤沼櫃ケ沢
駐⾞場の有無
有(数台)
交通案内
①JR東北本線「国府多賀城駅から徒歩約15分
②JR仙石線「松島海岸駅」より車で約10分 
WEBサイト
天然の桟橋 表松島「馬の背」

[お問い合わせ]

利府町企画部秘書政策課秘書広報係

電話:022-767-2112