グルメ | 宮城県登米市

大衆食堂 つか勇

宮城を代表するB級グルメをみやぎの明治村で食す

宮城県北部、「みやぎの明治村」とも呼ばれる登米市登米町(とよままち)の名物グルメとして名高いのが「油麩丼」です。「B-1グランプリ」にも参加したことで、全国的にも高い知名度を誇っています。
その油麩丼を提供するお店のひとつが、大正11年塚本商店として創業し、2022年で創業90年を超える老舗「大衆食堂 つか勇」。油麩丼の他にも多彩なメニューで、地元の常連さんをはじめ、多くのリピーターが遠方からも駆けつけています。

撮影POINT
B-1グランプリでお馴染みの名物グルメ 油麩丼

「油麩丼」は登米市発祥の油麩を使った代表的な料理で、地元の旅館のおかみが考案したメニュー。肉が苦手な人のために、カツ丼の代わりとして提供したのが、油麩丼のはじまりとされています。肉が入っていないのに、コクが出ておいしい!満腹感もあり、食べ応えのある一品です。

その油麩丼と合わせて、ぜひ食べたいのがこの地域に郷土料理として、400年以上前の藩政時代から伝わる「はっと汁」。出汁の中に季節の野菜や肉を入れ、耳たぶほどのかたさに練った小麦粉を薄くのばして入れ、醤油などで味付けをするのが特徴。つか勇でも油麩丼とのセットが提供されており、人気メニューとなっています。

基本情報
住所
登米市登米町寺池桜小路103
営業時間
月~金曜日 11:00~15:00
土・日・祝日 11:00~17:00
※電話で確認してください。
休業日
不定休(12月31日~1月2日は休み)
駐車場の有無
あり(4台)
交通案内
三陸自動車「登米IC」より車で約5分
WEBサイト
大衆食堂 つか勇(登米市)

[お問い合わせ]

大衆食堂 つか勇

電話:0220-52-2073