グルメ | 宮城県登米市

うなぎ割烹 東海亭

北上川畔に立つ古民家で極上のうなぎを味わい、至福のときを過ごす

北上川畔に立つ、明治8年創業の老舗「東海亭」。当時この周辺地域ではタレ焼きしたうなぎを食べる習慣がなかったために、本場静岡の職人を招聘したことが店名の由来となっているそうです。身の厚いうなぎを白焼きにして蒸し、130年以上の歴史を重ねた秘伝のタレをつけて焼きあげる逸品は、「蒸し」が関東風で、甘めのタレは関西風。米は地元である登米市中田町産のササニシキを使い、タレに使用する醤油も地元の老舗「ヤマカノ醸造」のものを使うのが東海亭のこだわり。わざわざ遠方から訪れるファンも後をたたない名店です。

撮影POINT
時期によっては、北上川で採れる希少な天然うなぎも楽しめる

うな重にうな丼、白焼きや蒲焼。どれも至極の一品だけに、注文するメニューを迷ってしまうのも人情というもの。
さらに、東海亭では、例年5月から10月ごろにかけて、北上川で採れる希少な天然うなぎも味わえるので、その貴重な味もぜひご賞味ください。

基本情報
住所
宮城県登米市登米町寺池九日町46
営業時間
平日 11:00~14:00
土・日・祝日 11:00~無くなり次第終了
休業日
月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場の有無
あり
交通案内
三陸自動車道「登米IC」より車で約6分
WEBサイト
東海亭(登米市)

[お問い合わせ]

うなぎ割烹 東海亭

電話:0220-52-2023