グルメ | 岩手県遠野市

遠野名物 バケツジンギスカン

遠野オリジナルの豪快なソウルフード「バケツジンギスカン」を食す

遠野市を代表するグルメ、ジンギスカン。なかでも、穴の開いたブリキのバケツをコンロに見立てて、南部鉄器のジンギスカン鍋を入れて肉や野菜を焼く豪快な「バケツジンギスカン」は、遠野市独自の食文化です。
その歴史は1947年(昭和22年)、遠野市出身者が戦時中に満州で食べた羊肉料理が忘れられず、戦後、遠野市に戻り精肉店兼食堂を開業したことが始まりです。当時、羊は軍服用の羊毛を採るために盛んに飼育されており、食用ではありませんでした。けれども、同店でまかない料理だったジンギスカンを1955年(昭和30年)ごろから店内で提供するようになり、その後安く露店で提供するなど積極的にPRしたことで羊肉のおいしさが広まり、遠野市全域で食べられるようになりなりました。ジンギスカンは祭りや花見など野外でも振る舞われることが多くなり、七輪を持ち運ぶのは大変だったことから、丈夫なブリキのバケツに固形燃料を入れて鍋を温めるようにしたのが「バケツジンギスカン」。地元の方々は花見や祭り、地域行事、イベントなどで気軽に楽しんでいます。

撮影POINT
野外デッキで野趣あふれるバケツジンギスカンを体験

国道283号線にある「道の駅 遠野 風の丘」では、「遠野名物バケツジンギスカン」を野外のデッキで山や緑の景色を眺めながら味わうことができます。(2人前 3,680円、営業時間は10:30~14:00、数量限定、予約受付不可、野外のため強風や強い雨の場合は中止の可能性があります)
なお、遠野市内の精肉店や一部の飲食店、スーパーでは、ジンギスカン用のバケツと鍋を無料で貸し出しているので、地元の方のように、観光客も野外バケツジンギスカンを楽しむことができます。家族やグループで、野外の「バケツジンギスカン」の楽しさを体感してみては。

基本情報
住所
岩手県遠野市綾織町新里8-2-1(道の駅 遠野 風の丘)
営業時間
4月〜10月 8:30〜18:00、11月〜3月 9:00〜17:00
駐車場の有無
232台(普通車212台、大型車16台、身障者用4台)
交通案内
東北横断自動車道釜石秋田線「遠野IC」より徒歩5分
WEBサイト
道の駅 遠野 風の丘

[お問い合わせ]

道の駅 遠野 風の丘

電話:0198-62-0888