観光スポット | 宮城県多賀城市

多賀城跡

古代東北の中心地で、いにしえの時代の陸奥に思いを馳せる

多賀城跡は、奈良県の平城京跡、福岡県の大宰府跡と並ぶ日本三大史跡のひとつ。国の特別史跡にも指定されており、日本100名城にも挙げられています。
724年に、大野東人(おおののあずまひと)によって創建。現在は建物は何もありませんが、奈良・平安時代に陸奥国(むつのくに)の国府が置かれたところで、奈良時代には軍事機関の鎮守府(ちんじゅふ)も併せ置かれた古代東北の政治・文化・軍事の中心地でした。重要な政務や儀式が執り行われた政庁跡は、多賀城のほぼ中央に位置し、東西103メートル、南北116メートルの築地塀で囲われています。

撮影POINT
歴史のロマンに浸れる日本三大史跡

仙台平野を一望できる松島丘陵の先端、多賀城市市川に所在する多賀城跡。江戸時代初期に、多賀城碑が発見され、遣跡が多賀城跡であることが判明しました。重要な政務などが執り行われた政庁跡は、春には見応えのある桜が咲き、お花見スポットとしても、地域の人々に親しまれています。

基本情報
住所
宮城県多賀城市市川城前
駐⾞場の有無
有(20台)
交通案内
①JR東北本線「国府多賀城駅から徒歩約15分
②JR石巻線「渡波駅」より車で約25分
③JR「石巻駅」から石巻市営バスで約1時間「萩浜」バス停より徒歩約10分
WEBサイト
多賀城跡

[お問い合わせ]

多賀城市観光協会

電話:022-364-5901