観光スポット | 青森県青森市

酸ヶ湯温泉

300年以上の歴史ある「酸ヶ湯温泉」名物、大浴場「ヒバ千人風呂」で名湯を体感

青森県の酸ヶ湯温泉は、1684年に開かれた300年以上の歴史ある湯治場です。江戸時代より湯治客が多く訪れ、昭和29年に国民保養温泉地第1号の指定を受けました。
「酸ヶ湯温泉」の名物は、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」です。天井の高さ約5m、160畳もの広大な浴室は開放的で、レトロな古い木造建築は情緒たっぷり。浴室内には入浴後も身体がぽかぽかする「熱の湯(ねつのゆ)」と隣接する「四分六分の湯(しぶろくぶのゆ)」、かぶり湯の「冷の湯(ひえのゆ)」、滝のようにお湯が落ちてくる打たせ湯の「湯滝(ゆたき)」と、4つの異なる源泉があります。「ヒバ千人風呂」は混浴ですが、女性は売店で販売している湯あみ着を着て入浴するか、朝8時~9時の女性専用時間や、男女別の小浴場「玉の湯」をご利用ください。
泉質は弱酸性の含硫黄泉で、リュウマチ、神経痛、胃腸病、婦人病など身体の不調に優れた効能が認められた療養泉(療養に適した温泉)。宿泊施設は、「旅館棟」と自炊棟を備えた「湯治棟」があり、和室・洋室の全139室を完備しています。

撮影POINT
八甲田山の鮮やかな紅葉など、四季折々に美しい景色を味わい温泉に癒される

「酸ヶ湯温泉」は、青森県中央部にそびえる八甲田山中の標高925mに位置し、爆裂火口の跡で今も磁気ガスが立ちのぼり温泉の匂いがする地獄沼や、6月に雪解けと同時に咲き始めるミズバショウの群生など、自然環境に恵まれています。
紅葉シーズンは10月上旬で、地獄沼は、ブナやイタヤカエデ、ヤマウルシ、ミズナラなどの鮮やかな紅葉はまるで絵画のよう。池を囲むアオモリトドマツの原生林と緑とのコントラストが見事な睡蓮沼、勇壮な景観を誇る城ヶ倉渓流の紅葉も圧巻です。
湯治はもちろん、四季折々の自然が楽しめる酸ヶ湯温泉。高山植物、八甲田山の登山や山岳スキー、十和田湖観光の拠点、旅の疲れを癒す場として年中大勢の観光客が訪れます。

基本情報
住所
青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50
駐⾞場の有無
約100台
交通案内
①東北自動車道青森中央ICより車で約40分
②東北自動車道青森ICより車で約50分
③JR青森駅よりJRバスで約1時間10分
④青森市中心部よりタクシー約45分
⑤JR青森駅裏(商工会館前)より無料送迎バス約60分(温泉旅館宿泊客のみ、予約制)
施設情報
宿泊施設、大浴場、別小浴場、食事処、棟方志功ギャラリー、出店、温泉療養相談室、手もみ処ほか
WEBサイト
国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉旅館

[お問い合わせ]

酸ヶ湯温泉 フロント

電話:017-738-6400

ファクス:017-738-6677