グルメ | 岩手県大槌町

お食事処・民宿さんずろ屋

海の幸と海の眺めを満喫できる食事処&民宿

リアス式海岸が美しい浪板海岸を見下ろす高台に建ち、食事処と民宿を営業している「さんずろ屋」は、創業50年(1972年)の老舗。浪板海岸と船越湾の青い海を目の前に眺めながら、板前経験を持つ料理長が腕をふるう浜料理に舌鼓を打ち、明るく元気な名物女将とスタッフの温かい対応も評判の食事処は、土・日曜は行列ができるほど人気です。
一方、民宿も、全室海に面するオーシャンビューで、特に水平線から昇る朝日の美しさは感動もの。リーズナブルな料金で、1泊2食のボリューム満点のおいしい海鮮料理、客室・お風呂・食事処からも望める雄大な海の景色を心ゆくまで堪能できます。

波板海岸は、かつて南北800mに渡り白い砂浜が広がり、東北有数のサーフィンのメッカとして知られていましたが、東日本大震災の津波と地盤沈下で砂浜の大部分が消失。その後再生工事を行い、2022年7月に12年ぶりに海開きが行われ、海水浴場が復活しました。

撮影POINT
名物料理の「いかめし」「いかの腑入り」など新鮮な三陸の海の幸に舌鼓を打つ

食事処では、新鮮なイカや刺身料理、海鮮丼、海鮮ラーメン、定食など、三陸の海の幸をふんだんに使った料理が充実。人気メニューの「いかめし」は、外側をカリッと焼いた柔らかいいかの身にシイタケやニンジンなどの具材を混ぜ込んで炊いたお米を詰めて、生姜を効かせた甘辛いあんをかけた、ここでしか食べられない味。いかの腑(ふ)を香ばしく炒った煮出し汁のコクとうま味が豆腐や野菜に沁み込んだ「いか腑いり」は、ごはんにもお酒にもよく合います。定食には、自家製つみれ汁、漬物、小鉢が付きます。
また、「磯ラーメン」は、新鮮な魚介類や、ワカメやふのり、マツモの3種の海藻など、約10種の食材をのせた塩味スープのラーメンです。どれも、行列ができるのも納得の味です。

基本情報
住所
岩手県上閉伊郡大槌町吉里々々第13地割9-22
営業時間
お食事処 11:00~14:30、16:30~20:00
休業日
お食事処 月曜日
駐車場の有無
有(23台)
交通案内
三陸沿岸道路「大槌I.C.」より車約10分
三陸鉄道リアス線「浪板海岸駅」より徒歩約7分
施設情報
民宿(全6室、お風呂・トイレ共同)、Wifi設備
WEBサイト
お食事処・民宿さんずろ屋

[お問い合わせ]

お食事処・民宿さんずろ屋

電話:0193-44-2413