観光スポット | 岩手県久慈市

久慈の海の水族館 もぐらんぴあ水族館

震災からの復興を遂げた水族館。人気ドラマの主題となった「北限の海女」実演も

もぐらんぴあ水族館の見どころは、なんといっても「北限の海女」と「南部もぐり」の実演です。ドラマで一躍有名になった海女や南部もぐりの水中での姿を見ることができるのは「もぐらんぴあ」だけ。管理棟の企画展示室には震災時から復興に協力いただいていた「さかなクン」の展示コーナーもあります。久慈の海を凝縮した展示では、豊かな三陸の海の生物たちの輝く命、海とともに暮らしてきた三陸の海人の華麗な技術をご覧ください。

撮影POINT
震災を生きぬいたアオウミガメ「かめ吉」。飼育員の“心のよりどころ”にも

「もぐらんぴあ」の人気No.1アイドルは、東日本大震災を生き延びたアオウミガメの「かめ吉」。
震災により施設は全壊してしまいましたが、2016年に装いを新たにリニューアルオープン。トンネル水槽も復活し、かめ吉と三陸・久慈の海の魚たちがみなさまをお迎えしています。
また、水槽の窓から直接手を入れてエサをあげることができる「ふれあい水槽」や手の角質を食べてくれるお魚とふれあえる「ガラ・ルファ体験」、クラゲコーナでは「もぐらんぴあ」で生まれたクラゲもたくさん泳ぐ可愛い姿も。久慈のさまざまな魅力を見て、触って、学べる、家族みんなで楽しめる施設です。

基本情報
住所
岩手県久慈市侍浜町麦生1-43-7
料金
・一般:大人700円、高校・学生500円、小中学生300円、幼児無料
・団体 (20名以上):大人500円、高校・学生300円、小中学生200円
営業時間
4月~10月 9:00~18:00、11月~3月 10:00~16:00
※最終入館は30分前まで
休業日
月曜日(休日の場合はその翌日) ※臨時開館等あり
駐⾞場の有無
有(約60台)
交通案内
①JR「久慈駅」から車で約35分 
②JR「久慈駅」から久慈市コミュニティバスで約30分「半崎」バス停より徒歩約10分
WEBサイト
久慈の海の水族館 もぐらんぴあ水族館

[お問い合わせ]

久慈地下水族科学館もぐらんぴあ

電話: 0194-75-3551