観光スポット | 岩手県花巻市

宮沢賢治記念館

宮沢賢治記念館でイーハトーブの世界観を肌で感じよう

詩人、童話作家として、「雨ニモマケズ」の詩や「銀河鉄道の夜」といった有名な作品を遺し、農業や科学など多岐に渡る分野でも活動した宮沢賢治。
その生涯における作品や研究、人物や思想などについて知ることができる「宮沢賢治記念館」は、花巻市胡四王山(こしおうざん)の中腹に、1982年、全国の賢治ファンからの寄付金を基に設立。2015年にリニューアルされ、賢治の考える心象世界、ドリームランドとしての日本岩手県=「イーハトーブ」の世界観をより堪能できるようになりました。本館展示室では、その世界観や宇宙観を支える「心象」をカギに、「科学」「芸術」「宇宙」「宗教」「農」の5分野に分けて、多彩な活動や思想、作品にいたる創作過程、これまでの研究結果などを紹介。チェロなどの賢治の愛用品、自筆原稿などゆかりの品の展示や、映像、音楽、図書などさまざまな資料を通して、37歳の若さで永眠した宮沢賢治の濃い生涯を知ることができます。

※2022年12月7日〜12月9日は施設整備のため、臨時休館となります。ご注意ください。

撮影POINT
童話の世界に入り込んだようなレストランなど、宮沢賢治ゆかりのスポットがたくさん

宮沢賢治記念館には、展示室のほか、宮沢賢治関連のお土産品売店コーナーや喫茶スペースなども備えています。また、宮沢賢治記念館南側に位置する「ポランの広場」には、賢治が設計した南斜花壇と日時計花壇があります。賢治が遺した設計書をもとに再現されました。
記念館駐車場内には、賢治の童話「注文の多い料理店」にちなんで名づけられた「Wildcat House 山猫軒」という西洋造りのレストランがあります。建物や入口の展示など、作品に忠実に作られており、童話そのままの世界に入り込んで食事や買い物を楽しめます。
さらに、徒歩圏内には賢治作品のファンに人気の「宮沢賢治イーハトーブ館」、そしてファンタジックな童話の世界を体験する「楽習」施設「宮沢賢治童話村」もあり、時間が許す限り散策をしながらイーハトーブの世界に浸ることができます。

基本情報
住所
岩手県花巻市矢沢1-1-36
営業時間
8:30〜17:00(16:30までにご入館ください)
料金
一般350円、高校生・学生250円、小中学生150円
宮沢賢治童話村、花巻市博物館、花巻新渡戸記念館との共通入館券もあります。
休業日
12月28日~1月1日
駐車場の有無
無料(大型バス7台、普通車40台)
交通案内
①東北新幹線、JR釜石線「新花巻駅」より車で約3分
②東北本線「花巻駅」より車で約15分
③東北自動車道「花巻IC」・「花巻南IC」より車で約20分
④釜石自動車道「花巻空港IC」より車で約10分
施設情報
展示室、多目的ルーム、展望ラウンジ、レストラン、喫茶コーナー、授乳室、売店
WEBサイト
宮沢賢治記念館 | 花巻観光協会公式サイト

[お問い合わせ]

宮沢賢治記念館

電話:0198-31-2319