ショッピング | 岩手県普代村

道の駅 青の国ふだい

2019年9月に誕生、鉄道駅道の駅で普代村の海産物や自慢の昆布を使った特産品を買う

三陸鉄道リアス線「普代駅」の旧待合室・物産品売店スペースをリニューアルして2021年9月25日、三陸道路全面開通に合わせてオープンした岩手県35番目の道の駅です。
「普代駅」に併設し、黒崎園地、黒崎展望台、普代浜園地キラウミ、普代水門といった普代村観光の拠点として、三陸沿岸道路「普代IC」から車で約1分と近く、車の旅でも立ち寄りやすいスポットです。物産館と地元の農林水産物の直売所、軽食・喫茶、情報コーナー、コインランドリーがあります。物産館では、岩手県や普代村の農林水産品、特産品がずらり。特に特産品の塩や昆布を使ったさまざまな商品を取り揃えています。
「道の駅青の国ふだい」の名称は、普代村で水色の空や紺色の海をはじめ群青色、瑠璃色など、さまざまな青色に出合えることから、「青の国」をテーマに観光事業を進めていることで名づけられました。

撮影POINT
肉厚で歯ごたえがある昆布とわかめを使ったさまざまな商品をお土産に

普代浜は、北からの栄養分豊富な親潮と流れの早い黒潮が混じり合う豊かな漁港で、海藻の養殖にも恵まれ、肉厚で食べごたえある食感、風味の良い昆布とわかめが育ちます。
「道の駅青の国ふだい」には、昆布やわかめを使った商品がたくさん。なかでも間引きしない若い昆布をボイルして細く切り板状にして乾燥させた「すき昆布」が人気。ほかにも、昆布粉末を練り込んだ昆布らーめん、こんぶ饂飩(うどん)、こんぶそうめん、昆布パスタといった麺類、昆布パウダー、こんぶかりんとう、銘菓こんぶの助、こんぶっセなどを「よろこんぶ」にかけてお土産にどうぞ。昆布粉末を練り込んだ「こんぶソフトクリーム」はここでしか味わえないおいしさ。
また、こぶ塩、わかめ塩といった塩、三陸産のアカモクとたたきめかぶを使用した粘り気とシャキシャキ感が特徴の「ふだいのねばり」、新巻シャケなども人気商品です。

基本情報
住所
岩手県下閉伊郡普代村第9地割字銅屋5-3
営業時間
8:00~17:00
駐車場の有無
普通車25台、大型車18台、身障者用1台
交通案内
三陸沿岸道路「普代IC」から車で約1分
WEBサイト
道の駅 青の国ふだい

[お問い合わせ]

道の駅 青の国ふだい

電話:0194-35-2411