観光スポット | 岩手県釜石市

釜石大観音

釜石湾を一望する高台に立つ「釜石大観音」を参り、鎮魂と平和を願う

「釜石大観音」は、釜石湾を一望する高台・大平町鎌崎半島に青空を背にそびえ立つ白亜の観音像です。天災で亡くなられた方々の鎮魂と現世を生きる人々の心願成就を願い、1970年に釜石市内の曹洞宗の寺・明峰山石応禅寺の十七世・雲汀晴朗(うんていせいろう)大和尚の発願(ほつがん)で建立されました。
高さ48.5m、地上12階の手に魚を抱いた本尊の魚籃(ぎょらん)観音像の胎内は13階に分かれており、観音様が衆生(しゅじょう)を救うために三十三の姿に変化した「三十三観音」の安置室、千体観音、各階にある七福神の胎内巡りなどがあります。七福神を参拝すると、七つの災難が除かれ、七つの幸福を授かると言われています。また11・12階にある海抜120メートルの展望台の眼下には四季の釜石湾が広がり、遠くは尾崎半島、馬田岬まで、陸中海岸国立公園の雄大なリアス式海岸を見渡すことができ、初日の出スポットとしても人気です。

撮影POINT
観音様のお膝元の「恋愛成就のパワースポット」で幸せを祈りSNS映えする写真を撮影

実は「恋愛成就のパワースポット」としても有名な釜石大観音。2016年6月、プロポーズにふさわしいロマンチックなスポットとして「恋人の聖地」に選定され、同年9月には、高さ2m70cmという大きなハートに、港町・釜石をイメージしたかもめをあしらったかわいらしいモニュメントと「願いの鐘」が完成しました。
モニュメントの前で記念撮影をしたり、恋愛成就の願いを込めて鐘を鳴らしに訪れるカップルも多いそうです。ウェディングフォトの撮影や、結婚式の会場、各種イベント会場としても利用されています。また、釜石湾の海と空が広がる場所は、絶好の撮影スポットがたくさんあります。「撮影場所」と記された案内板に従って少し降りた場所からは、赤い「浄土橋」を手前に仰ぎ見る観音様を誰でも美しく撮影できます。浄土橋から眺める釜石湾も絶景で、自分だけのベストアングルを探してみてはいかがでしょうか。

基本情報
住所
岩手県釜石市大平町3-9-1
営業時間
9:00~17:00(季節により変動あり)
料金
・個人:大人500円、中・高生300円、小学生100円
・団体(20名~):大人450円、中・高生270円、小学生100円
 ※100名様以上は更に特別料金
駐車場の有無
・無料駐車場:大型バス15台、乗用車150台
・有料駐車場:山腹中段にあり 1台300円(エスカレーター入口)、 マイクロ・大型バス乗入可(600円)
交通案内
①JR釜石線「釜石駅」よりバスで11分「観音入口」「釜石大観音入口」バス停より徒歩10分
②東北自動車道「遠野IC」より車で約60分
施設情報
参道エスカレーターあり。長さ36メートル・階高18メートル(6階建分)
WEBサイト
釜石大観音

[お問い合わせ]

釜石大観音

電話:0193-24-2125