グルメ | 岩手県宮古市

蛇の⽬ 本店 瓶ドン

三陸の⿂介を贅沢に瓶に詰めた、まさに海の幸の宝⽯箱「瓶ドン」を堪能する

新鮮な三陸の海の幸を⼀年中楽しめる岩⼿県宮古市。JR⼭⽥線「宮古駅」より徒歩1分、または三陸鉄道リアス線「宮古駅」から徒歩6分にある「蛇の⽬ 本店」は、毎朝店主が⾃ら仕⼊れた新鮮な宮古の海の幸を海鮮丼や寿司、刺⾝などで存分に味わえるお店です。
なかでも、⽜乳瓶に宮古市の旬の海産物を詰めた「瓶ドン」はSNSやテレビで紹介され、写真映えも話題です。「瓶ドン 蛇の⽬おまかせ(⼤)」(2970円、税込)は、⽜乳瓶の中瓶と⼩瓶の2本で提供され、⼀番上にトロリとした⽢い⽣ウニがこんもりのっているのが特徴です。具材は⼗種以上で、ウニとイクラ以外は時期により変わります。新鮮な⿂介あら汁や海鮮、⼩鉢も付いてボリューム満点。中瓶1本(2200円)、⼩瓶1本(1650円)も選べます。
「蛇の⽬ 本店」は座席数104席、カウンター席、テーブル席、座敷もあり⼀⼈でもグループでも⼊りやすいお店です。

撮影POINT
瓶に詰まった三陸の海の幸を⾃分で盛り付けフォトジェニックな写真を撮る

「瓶ドン」は、世界三⼤漁場といわれる三陸沖、⽐較的新しい宮古のご当地グルメです。岩⼿県沿岸部では昔から獲れたての⽣ウニを滅菌処理済みの海⽔と⼀緒に⽜乳瓶に詰めて保存して、そのままスーパーなどで販売していました。それをヒントに、宮古観光交流協会が提案し、市内の飲⾷店で提供するようになりました。現在、宮古市内で「瓶ドン」を味わえるお店は10店舗あり、それぞれ具材や味付けが異なり、⼭の幸を詰めて提供しているお店もあります。⾚やオレンジ、⽩、緑など、⾊鮮やかな「瓶ドン」は、瓶に詰めた宝⽯箱のようで思わず写真におさめたくなるでしょう。瓶の中⾝を丼の上のほかほかのご飯にかきだして⾷べるのがおいしい⾷べ⽅で、⾃分流に盛り付ける体験も楽しみな体験型メニューです。

基本情報
住所
岩⼿県宮古市栄町2-8
駐⾞場の有無
無、提携駐⾞場あり(飲⾷2,000円以上で1時間無料)
交通案内
①東北⾃動⾞道「盛岡南IC」から国道106号経由で⾞約1時間45分 
②JR⼭⽥線・三陸鉄道「宮古駅」より徒歩1分 
③三陸鉄道リアス線「宮古駅」より徒歩6分
施設情報
トイレ、座敷
WEBサイト
蛇の目 本店

[お問い合わせ]

蛇の⽬本店

電話:0193-62-1383