体験 | 岩手県住田町

五葉山火縄銃鉄砲隊 演習見学体験

日本一の火縄の産地「五葉山」で火縄銃鉄砲隊が生まれた歴史を知る

藩政時代、伊達藩直轄領であった五葉山は、日本最大の火縄産出地でした。その火縄を生産していた麓の集落では、かつて自衛のための「鉄砲隊」が組織されており、現在もその歴史と伝統を後世に残そうと五葉山の麓にある滝観洞で砲術家一門の火縄銃演武が実現しました。そして、地元有志が伝承会を設立、町内所蔵の火縄銃の寄贈が相次ぎ、平成3年に、地元産のヒノキによる火縄を使った日本唯一の鉄砲隊「五葉山火縄銃鉄砲隊伝承会」が結成されました。

撮影POINT
五葉山火縄銃鉄砲隊の演武練習を見て鎧の試着や火縄づくりを体験する

平成3年に結成された「五葉山火縄銃鉄砲隊伝承会」は、現在も鉄砲隊の歴史と伝統を後世に残すために、祭りなどで砲術演武を披露しているほか、羅象館にて砲術披露や体験を随時受け付けています(有料、要予約)。
体験は、五葉山火縄銃鉄砲隊の演武練習見学、羅象館前庭での記念撮影、羅象館内での鎧の試着体験、火縄づくり体験など。詳細は、電話で応相談。鉄砲隊メンバーのスケジュール調整や火薬使用許可の申請が必要となるため、1カ月前までに予約を。また、砲術披露は、冬期間実施できない場合があります。

基本情報
住所
岩手県気仙郡住田町上有住桧山(羅象館)
料金
10名様まで10,000円
10名様以上1名追加につき+1,000円(税込)
※1人から予約可能。
所要時間
約30分~60分
駐車場の有無
有(10台程度・大型バス1台可能)
交通案内
①東北自動車道「水沢IC」より車で約1時間
②JR「遠野駅」より車で約40分
備考
予約申込期限:1ヶ月前
WEBサイト
五葉山火縄銃鉄砲隊(演武見学)

[お問い合わせ]

住田町役場内 火縄銃鉄砲隊事務局

電話:0192-46-2111(代表)