≪宮城・岩手・青森≫ よくばり北東北2泊3日 復興の軌跡とイーハトーブを感じて

仙台発、全線開通した三陸道沿いの魅力に触れる旅。
おもに、東日本大震災の被災エリアをめぐり、各地の道の駅や名所を訪ねつつ、復興の軌跡や地元の名物を味わい尽くせます。後半は青森の名湯「酸ヶ湯温泉」や岩手名物「わんこそば」、宮沢賢治記念館などを訪れる、自然と人の強い息吹を感じるドライブコースです。

START
1日目
仙台駅から車で1時間55分
A

道の駅 高田松原

<岩手県陸前高田市>

震災遺構を備えた道の駅で鎮魂と三陸の未来を願う

震災から8年後の2019年に、新たに重点道の駅として再スタートを切ったのが道の駅高田松原。「奇跡の一本松」をはじめとした震災遺構を備えた高田松原津波復興祈念公園内のゲートウェイの役割を果たしており、国営追悼施設や、東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)などが併設されています。地元で採れた野菜、果物、海産物、お土産や陸前高田市で食べられているおやつが並ぶほか、お買い物ブースの隣にイートインスペースが設けられ、地元食材を使った飲食店の食事をとることもできます。

車で20分
B

大船渡さんまら~めん

<岩手県大船渡市>

サンマがラーメンに!店ごとに個性あふれるご当地ラーメン

全国有数の水揚げを誇るさんまの産地大船渡ならではの豪快な一品「さんまら~めん」。
大船渡に水揚げされた新鮮なさんまを使い、各お店でバラエティにとんだオリジナルらーめんを提供しています。
どこのお店で食べても「750円」というお得な価格はうれしい!!

車で5分
C

碁石浜

<岩手県大船渡市>

一面に堆積した美しい黒砂利の浜

大船渡市末崎半島の東南端約6kmにおよぶ海岸線が碁石海岸。国の名勝・天然記念物、国立公園にも指定されているこの碁石海岸の景勝地「碁石八景」のひとつが碁石浜です。
浜一面に囲碁の石のような黒くて丸い石が堆積しています。海岸付近にある、泥からできた岩石(黒色頁岩)が、波によって崩れ、洗われ、丸石化してできるとされています。碁石海岸の名前の由来ともなった、波で磨かれた美しい黒い玉砂利はその珍しさから、かつては伊達藩の藩主にも献上されたと伝えられています。

車で55分
D

滝観洞

<岩手県住田町>

数億年の時が造り出した「滝観洞」を探索する

海底に堆積した石灰岩の層が隆起し、地上で雨水などにより浸食されてできる鍾乳洞。「滝観洞」は、何億年もの時間をかけて造られた石灰岩(大理石)に覆われた鍾乳洞で、洞内の足下や壁にはかつて海底だったことを証明する海洋生物の化石が見られます。これまでの調査では総延長3,635mまで確認されています。
受付でヘルメットを借りて(レンタル料は入洞料に含まれます)入洞し、冒険気分で880m進むと日本有数の洞窟内の滝「天野岩戸の滝」に到着。ここから折り返して、ゆっくり歩くと往復で約1時間のコースです。

車で40分
E

お食事処・民宿さんずろ屋(宿泊)

<岩手県大槌町>

海の幸と海の眺めを満喫できる食事処&民宿

リアス式海岸が美しい浪板海岸を見下ろす高台に建ち、食事処と民宿を営業している「さんずろ屋」は、創業50年(1972年)の老舗。浪板海岸と船越湾の青い海を目の前に眺めながら、板前経験を持つ料理長が腕をふるう浜料理に舌鼓を打ち、明るく元気な名物女将とスタッフの温かい対応も評判の食事処は、土・日曜は行列ができるほど人気です。
一方、民宿も、全室海に面するオーシャンビューで、特に水平線から昇る朝日の美しさは感動もの。リーズナブルな料金で、1泊2食のボリューム満点のおいしい海鮮料理、客室・お風呂・食事処からも望める雄大な海の景色を心ゆくまで堪能できます。

2日目
車で10分
F

道の駅やまだ

<岩手県山田町>

新鮮な農産物や自慢のしいたけやマツタケを買う

三陸海岸のほぼ中央、岩手県山田町に位置し、国道45号線沿いある三角屋根が目印の道の駅。
施設内には、売店コーナー、産直コーナー、観光情報が入手できる情報コーナー、食堂などがあります。
春は山菜、夏は瓶ウニ、秋は三陸山田産のマツタケ、冬は新巻鮭やイクラ(生・醤油漬)など、旬の商品が目白押し。全国でも最高級品質レベルと高い評価を受けているしいたけは、地元のナラ木を使った原木乾椎茸で、しいたけコーナーも設けています。

車で1時間5分
G

サッパ船アドベンチャーズ

<岩手県田野畑村>

北山崎の海岸線を冒険気分で満喫する

田野畑村の自然と調和する漁村の生活体験プログラム「番屋エコツーリズム」のひとつ「サッパ船アドベンチャーズ」。
サッパ船とは、三陸の漁師がウニ漁やアワビ漁など、小規模な刺し網漁などに使う小型の磯舟のこと。地元の漁師が操縦する「サッパ船」に乗って、漁師達の普段の航行を再現したコースを遊覧し、三陸を代表する景勝地「北山崎」の海岸線を満喫します。
8人乗りの船なので、海面が近く小さな波でも揺れが伝わり、まるで天然のテーマパークアトラクションのようなアドベンチャーが体験できます。

車で1時間10分
H

道の駅 はしかみ

<青森県階上町>

青森県で一番早く朝日が昇る町 はしかみ

海の街、階上町。国道45号線沿いにある「道の駅 はしかみ」は、産地直売所では、近隣農家からの新鮮な野菜や果物が並び、地元の人や観光客でにぎわいます。また、水産加工品を多く扱い、実演コーナーでは、地元の「階上早生(わせ)」を使ったそば打ちや、名物「よもぎ餅」の実演販売もあります。食事はレストランアゼリーの「はしかみラーメン」が人気。塩ベースのあっさりとしたスープに海藻やウニがトッピングされた贅沢な一杯です。

車で2時間
I

酸ヶ湯温泉(宿泊)

<青森県青森市>

大浴場「ヒバ千人風呂」で名湯を体感

青森県の酸ヶ湯温泉は、1684年に開かれた300年以上の歴史ある湯治場です。江戸時代より湯治客が多く訪れ、昭和29年に国民保養温泉地第1号の指定を受けました。
「酸ヶ湯温泉」の名物は、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」です。天井の高さ約5m、160畳もの広大な浴室は開放的で、レトロな古い木造建築は情緒たっぷり。「ヒバ千人風呂」は混浴ですが、女性は売店で販売している湯あみ着を着て入浴するか、朝8時~9時の女性専用時間や、男女別の小浴場「玉の湯」をご利用ください。宿泊施設は、「旅館棟」と自炊棟を備えた「湯治棟」があり、和室・洋室の全139室を完備しています。

3日目
車で2時間50分
J

宮沢賢治記念館

<岩手県花巻市>

イーハトーブの世界観を肌で感じよう

詩人、童話作家として、「雨ニモマケズ」の詩や「銀河鉄道の夜」といった有名な作品を遺し、農業や科学など多岐に渡る分野でも活動した宮沢賢治。
その生涯における作品や研究、人物や思想などについて知ることができる「宮沢賢治記念館」は、花巻市胡四王山(こしおうざん)の中腹に、1982年、全国の賢治ファンからの寄付金を基に設立。2015年にリニューアルされ、賢治の考える心象世界、ドリームランドとしての日本岩手県=「イーハトーブ」の世界観をより堪能できるようになりました。チェロなどの賢治の愛用品、自筆原稿などゆかりの品の展示や、映像、音楽、図書などさまざまな資料を通して、37歳の若さで永眠した宮沢賢治の濃い生涯を知ることができます。

車で1時間
K

厳美渓

<岩手県一関市>

自然の渓谷美に魅了されて

名勝、天然記念物指定。栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を侵食し、おう穴、滝、深淵と表情を変え2kmにわたって渓谷美は訪れる人々を魅了するダイナミックな景観です。春は満開の桜と雪解け水が流れる渓谷美を眺め、夏には涼しげな渓流のせせらぎを聞き、秋には色づく山々の紅葉、冬には水墨画を思わせる景色が広がり、四季それぞれの風情があります。
厳美渓の名物「かっこうだんご」をどうぞ。渓流をはさんだ対岸にお店があり、川の上に張られたロープに下がる籠に注文と代金を入れて木槌を鳴らすと、籠は引き上げられて代わりに注文しただんごとお茶が入って降りてきます。見て楽しい、食べておいしい名物です。

仙台駅まで車で1時間16分
GOAL